ホワイトペーパー

モバイル、クラウド、IoT活用を支える連携基盤のために--柔軟性とスピードがビジネスを左右する

日本アイ・ビー・エム株式会社(ITSM) 2015年10月29日

ビジネスの現場では、常に新しい情報テクノロジーを積極活用し、効率化や判断のスピードアップ、収益の向上を実現してきました。現在と比較すると変化のゆるやかだったスマートフォン普及以前の時代には、テクノロジーによって市場を深く把握し、ビジネスのイニシアティブを採ることができました。しかし、いまや複数のテクノロジーが同時多発的に登場し、それらの技術は企業がビジネスツールとして検討するよりも先に、一般顧客に爆発的に普及拡大して世の中を変化させていこうとしています。

本資料では、モバイル、クラウド、API、Web、サービス指向アーキテクチャー (SOA)、企業間 (B2B) の各ワークロードに特化した、専用のセキュリティーおよび統合プラットフォーム「IBM DataPower Gateway」を紹介します。

IBM DataPower Gatewayを活用することで、価値ある IT 資産を新しいチャネルやユース・ケースに迅速に展開し、お客様、パートナー、従業員に到達できます。単一の拡張可能な DMZ 対応ゲートウェイを使用して、幅広いワークロードを素早く保護、統合、管理し、アクセスを最適化できます。
市場、顧客の変化を対応した、これからのゲートウェイに求められる4つの機能と、豊富な実績が証明する連携能力。これらの詳しい説明は、是非資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]