編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

年間約3000時間の作業削減効果も期待、琉球銀行の「働き方改革」が成功している理由

株式会社エムティーアイ 2020-05-13

70年以上の歴史を持つ琉球銀行。同行は、SNSの活用や「りゅうぎんロボ」など他の銀行とは異なる取り組みを実施している。近年は「働き方改革」に積極的を積極的に推進。嘱託や臨時の職員を含む約1900人の全従業員にスマートフォンを支給し、コミュニケーションの強化・業務効率化を目指している。

その一環として取り組んだのが、「従業員の各種実績入力作業」の改善だ。これまで行内のPC上でしか対応できなかった入力作業を、スマートフォンを活用することで時間と場所の制約を受けることなく実施できるようにした。

その結果、琉球銀行全体で毎日の各種実績入力にかかる時間を年間で約3000時間削減することが見込まれている。以下の資料では、担当者の声を通して同行の取り組みを詳しく紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]