ホワイトペーパー

導入事例 --東芝のストレージ設備投資の最適化手法とは?

株式会社東芝 2015年11月18日

急速な企業ITの加速により各企業で処理をするデータがこれまで以上に膨大な量となっている。しかしながら企業成長を加速させるために企業はITの投資を増やしているのも事実である。

膨大なデータを処理するために各企業はストレージに対しての設備投資も行っているが、管理する担当者の悩みとしては、「容量見込みが難しい」「複数部門やサービス間で共有が進まない」「コスト増大」などが存在する。

今回は東芝で従業員が扱うデータを統合して、平均導入まで13週間まで要していた時間を2~3週間まで短縮した要件定義から運用までのプロセス、コストの最適化を実現した「東芝クラウドストレージアレイサービス」を導入から実際の運用までのプロセスをまとめた実例を紹介する。

<詳細は資料をダウンロードください>

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]