ホワイトペーパー

アプリケーションのパフォーマンス低下がもたらす莫大な経済損失。機械学習で顕在したストレージのえん罪。

Nimble Storage Japan合同会社 2016年08月02日

なぜかシステムが思い通りのパフォーマンスで稼働しない。どうせストレージが原因だろうと思って変えてみても改善が見られない。そして始まるトラブルシューティングプロセスと関係者間での堂々巡りの非難合戦。
そうしている間にもビジネスは進行しています、結果、数千億円と言われるほど経済損失が・・・。
これは多くの企業で起きている現実であり、企業の業績にまで影響を与えかねない重要な懸案事項です。

近年、ストレージがシステムのボトルネックという風潮もあり、こうしたケースの原因として真っ先に疑われるのはストレージです。しかし今回Nimbleが行った調査によると、ストレージが根本原因である可能性は半分にも満たない。つまりパフォーマンス低下の半分以上はストレージでは解決できず、ほかの何かが原因なのです。

本資料は、Nimbleの世界7,500社以上のインストールベースにおける、12,000件以上の分析結果をまとめたレポートです。生産性を低下させ、最終的にはビジネスの効果的な運営能力を損なうボトルネックとなるデータとアプリケーションの間に生じるパフォーマンスのギャップ。その原因究明と解決に「NIMBLE LABS RESEARCH REPORT」を、ぜひ参照されたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]