編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

ITインフラ自動化のデファクト! 「Ansible」から始めるITインフラ業務の自動化、最初の一歩

レッドハット株式会社 2019-02-18

働き方改革や業務効率化など、次々と新しい課題に直面し、課題を解消するためにどのようなITインフラがふさわしいか悩むIT担当者は少なくない。仮想や物理のサーバーだけでなく、仮想化基盤やクラウド、ネットワーク、ストレージなど多様な環境で発生する業務を効率化するには、さまざまな障壁が存在する。
 こうしたITインフラを自動化することが悩みを解消する近道であることは間違いない。そんななか、ITインフラ自動化のデファクトとして広がっているのが「Ansible」だ。
 本資料は、Ansibleの概要、ユースケース、自動化を成功させるポイントを紹介したものだ。自動化への最初の一歩を踏み出すために役立つはずだ。ぜひお目通しいただきたい。
 なお、本資料は「Red Hat Forum Tokyo 2018 」で、レッドハットのテクニカルセールス本部ソリューションアーキテクト、中島倫明氏が行ったプレゼン資料となる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]