ホワイトペーパー

見えていますか?サイバー犯罪の“魔の手” “未知の敵”から情報を守る“必須対策”を知る

株式会社シスコシステムズ合同会社(セキュリティ) 2016年01月28日

日本の行政機関や大手の企業が、サイバー攻撃の餌食となり、重要情報を流出させてしまう──。ここ数年来、そうした事件・事故の報告が後を絶たない。また、サイバー犯罪の魔の手は、中堅・中小の企業にも及んでおり、すべての業種・業態のあらゆる規模の会社が、マイナンバー(社会保障・税番号)を含む個人情報や顧客情報、機密情報を、サイバー攻撃によって盗まれるリスクにさらされている。
 ではそもそもなぜ、サイバー攻撃で実害を被った企業・組織は犯行を防げなかったのだろうか。またなぜ、組織の重要情報が大量に抜き取られるまでサイバー犯罪者の犯行に気づくことができなかったのだろうか。
 シスコシステムズが提供するホワイトペーパー『探求!セキュリティ対策の理想モデル』は、こうした疑問への解をわかりやすく提示しながら、今日のサイバー攻撃に対抗していくための具体的な施策を解説したものだ。これを読むことで、サイバー攻撃の手口やリスクに対する理解が深められるのと同時に、「サイバー攻撃による不正プログラム(マルウェア)の侵入」を阻止するための施策から、「不正プログラムの侵入を許す」という万が一の事態に対処するための施策までが包括的に、かつ具体的にとらえることができる。しかも、ここに記されている内容は、大企業のみならず、セキュリティ対策に潤沢な資金や人的リソースを割くことのできない中小の企業にも大変有効だ。
サイバー攻撃のリスクの大きさは理解していても、「具体的に何をどうすべきかが分からない」、「どの技術に投資すべきかが判断できない」──そう想い悩む方は、本ワイトペーパーをご一読されたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]