ホワイトペーパー

もはや、オールフラッシュを選ばない理由はない!?導入効果からみるストレージ選定のポイント

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2016年06月30日

「フラッシュ元年」とも言われる2016年、これまでディスクストレージが主流だったエンタープライズストレージにおいて、いよいよオールフラッシュストレージの選択肢が多くのユーザーにとって現実的なものとなってきた。

多くのベンダーが参入してきている中、一足早くオールフラッシュの販売実績がディスクストレージを上回り、市場全体より早くオールフラッシュ化が進んでいるとしているのが、日本ヒューレット・パッカード(HPE)だ。四半期単位の出荷金額ベースで、2015年第3四半期にはオールフラッシュが37%とディスクストレージの35%を超え、2016年第2四半期にはオールフラッシュが43%、ハイブリッドストレージが29%と、合わせれば約3/4を占めるまでになっている。

本記事の続きでは、ディスクストレージとの比較と合わせてオールフラッシュストレージの使い方について紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]