ホワイトペーパー

本当に「買い」なのか!?投資対効果で考えるオールフラッシュストレージの新常識

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2016年11月03日

ストレージ製品は、今まさにHDDからオールフラッシュ(SSD)へと世代が交代しようとしている。SSDはHDDに比べて格段に入出力が高速で、とりわけランダムアクセス性能に優れている。しかし、これまでは容量あたりの単価が高かったこともあり、オールフラッシュの採用は一部に留まり、ハイブリッドストレージが総合的にみて無難な選択肢とされていた。本当にオールフラッシュは「高い」のか?
投資対効果の観点からそのTCO(IT総所有コスト)を検討してみよう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]