ホワイトペーパー

IT利用におけるユーザー部門とIT部門間に存在する大きな溝。機械学習×ストレージで解決を!

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年12月20日

エンドユーザーはいつでも瞬時にデータにアクセスしたいと考えているものだ。しかし現実はそうしたニーズに応えるには多くの困難が立ちはだかっている。なかでもネックとなるのがアプリケーションへのデータ提供に悪影響を及ぼす数々の問題である。その問題を解明するにはIT部門は継続的な調査や分析を行わねばならないが、そんな苦労など露ほども知らないエンドユーザーからは常に苦情が寄せられ、ITスタッフとの間に溝が生じてしまうケースも少なくない。

このようなギャップを埋めるべく、ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)が買収したNimble Storageでは、機械学習を活用することで、遅延やダウンタイムが発生する前にその原因を予測するとともに、その状況を回避することまでが可能となっている。こうしてアプリケーションのパフォーマンスと可用性を向上させることは、企業の生産性の向上にも大きく寄与することになる。

このような従来であれば“魔法のよう”な問題解決をいかにして可能にしたのかについては、ぜひ資料をダウンロードして、その目で把握して欲しい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)