ホワイトペーパー

【事例】仮想化基盤の性能/容量不足に悩んだ自治体の突破策とは?驚愕のストレージ刷新効果

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2019年04月12日

企業のみならずいまや地方自治体の業務でもIT活用は不可欠となっている。そうしたなか、自治体業務のIT化を推進するとともにセキュリティも万全なものとすべく、政府も「三層の構え」からなるセキュリティ強靭化を自治体向けに打ち出している。しかしながら、これによりネットワーク構成が複雑化するとともに、サーバやストレージ等のリソース不足に悩む自治体も多いのが現実だ。

同様の課題を抱えていた新潟県小千谷市では、グループウェアや文書管理システム、部門業務システムなどを収容する仮想化基盤用ストレージを「HPE Nimble Storage」へと刷新。これにより、大量の業務システム群を余裕で収容できる環境を構築し、今後の市役所業務を下支えする 高性能・高信頼インフラを実現したのである。

本資料では、システムの信頼性向上や職員の運用管理負担軽減など、多くの効果を生み出した同市の取り組みについて詳しく解説している。自治体はもちろんのこと、企業の担当者にとっても大いに参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]