ホワイトペーパー

【調査資料】センサーで創る製造業の未来――“IoT”時代に輝くためのセンサー活用術とは

SAS Institute Japan株式会社(製造業向けanalytics) 2016年06月01日

さまざまな情報を読み取り、電気信号などに置き換えるセンサー。いま私たちの生活は、このセンサーに支えられているといっても過言ではありません。

たとえば身近な存在となったスマートフォンには、静止画や動画の撮影を可能にするイメージセンサー、タッチ操作を可能にするタッチセンサー、傾きを読み取るジャイロセンサー、慣性を感知する加速度センサー、明るさを判別する照度センサー、通話中かを判断する近接センサー、個人認証に使用する指紋認証センサー、位置情報を得るためのGPSなど、実に数多くのセンサーが搭載されているのです。
こうした各種センサーは、人々の暮らしを豊かにするだけでなく、ビジネスの世界でもさまざまな革新をもたらしてきました。そしていま、インターネット通信環境とセンサーを備えた各種デバイスで実現する「IoT」として、さらなる飛躍を遂げようとしています。

しかし、これだけセンサーが世の中に溢れていながらも、それらの情報を十分に活用できているのはごく一部。特に製造業は、センサーの情報活用に後れをとっている状況といえます。そこで本資料では、企業におけるセンサー活用状況の詳細、センサーによる製造業の競争力強化方法、膨大な情報の統合・解析で新たなビジネスチャンスを創出する方法などをご紹介ます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]