ホワイトペーパー

【5分でチェック!】仮想ロードバランサ導入時に気を付けたい3つのポイントとは?

株式会社日立ソリューションズ 2016年06月08日

近年、クラウドサービスや仮想環境製品の普及に伴い、エンタープライズ企業やクラウドサービスを提供するサービスプロバイダでは、サーバ仮想化の動きが加速しています。
Webサービスやクラウドサービスにおけるトラフィックの増減に柔軟に対応するためには、サーバ仮想化だけでなく、ロードバランサなどのネットワーク機器の仮想化が非常に有効です。

本資料では、その中でも最適な仮想ロードバランサを導入するために重要なポイントについて詳しく解説します。また、ロードバランサとして定評のあるArray APVシリーズの仮想アプライアンス、Array vAPVについてご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]