ホワイトペーパー

HCIと仮想マシンのセグメント化で安定的な事業基盤を確立--日本気象協会

ヴイエムウェア株式会社 2019年04月11日

本資料は日本気象協会の事例です。同協会のIT部門が常に課題としていたのは「増大し続けるデータをいかに迅速に処理し、安定稼働を継続させるか」という命題でした。

そこで優れたI/O性能と高い可用性を確保するため、HCIとネットワーク仮想化ソリューション「VMware NSX」を導入。ストレージについてはvSphereとの親和性が高い、VMware vSANを選択しました。これにより、「iSCSIがボトルネックとなり十分なI/O 性能が得られない」という、共有ストレージ型構成の問題を解消することに成功しています。

「DR環境の拡充」「耐障害性の向上」「障害発生時の影響範囲の局所化」の3つの軸に取り組んだシステム抜本改革のプロジェクト。詳細について、ぜひダウンロードのうえ、ご覧ください

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]