ホワイトペーパー

高性能ストレージは大企業向けという間違い-ストレージ仮想化を活用して中規模ビジネスのニーズを満たす

日本アイ・ビー・エム株式会社(Storage_Flash) 2017年04月01日

ミッションクリティカルなアプリケーションは大企業のみに存在する訳ではなく、どんな規模の企業にも同様に存在します。結局のところミッションクリティカルか否かは企業の大小ではなくアプリケーションの特性に依存するものだからです。

同様に「企業の規模が小さければストレージ要件も小さくて済む」というのも誤りです。
中小企業であっても、業務によっては、ストレージに高度な性能/信頼性/セキュリティが求められます。
唯一の違いとしては、中堅中小企業ではITを管理する予算が、大企業と比べて大きく制限されている傾向が強いことでしょう。

中規模なビジネスと高性能ストレージというニーズを満たす最適解。その一つがストレージ仮想化です。さまざまなストレージ製品の違いを抽象化することで、ひとつの仮想化されたストレージプール、共通のデータサービスのセット、そしてストレージリソースを管理する共通インターフェースが実現できます。これによりコストを抑えつつも、効率的なシステムが構築可能になります。

では具体的にどんな製品があり、どのように構築を考えれば良いのか?
詳細は資料をダウンロードの上、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)