ホワイトペーパー

マイクロセグメンテーションで実現!JR九州がグループ36社のクラウド統合で得た成果とは

ヴイエムウェア株式会社(NSX) 2019年01月25日

鉄道を中心に、バスや高速船などの運輸サービス、土木・建設、駅ビル管理、流通・外食、観光・レジャー、広告代理店、総合警備といった幅広いサービスを展開する九州旅客鉄道(JR九州)グループ。

同社は2016年の東証一部への上場を控え、グループのITシステムをどう管理するかに大きな課題を抱えていた。それは、グループ36社のシステムをどのように統制し、セキュリティレベルの統一化とデータセンターコスト削減を図るかだった。この統制とセキュリティ、コスト削減の両立を実現するために採用したのが、グループ全社のシステムを収容する新しいクラウド基盤と、ネットワーク仮想化を活用したマイクロセグメンテーションだった。

JR九州は、どのようにして新しいクラウド基盤を実現したのか。本資料は、その詳細とポイントをIT担当者が明かしている。同社の取り組みは、基盤統合とセキュリティ確保に向けて大いに参考になるはずだ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]