編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

Linux対応、分析機能強化など最新SQL Serverを誰でも簡単に利用可能する各社の想い

日本マイクロソフト株式会社(データプラットフォーム) 2017-12-04

Linuxへの対応やAIをはじめアナリティクス機能が格段に強化された最新版のSQL Server。
その能力をシステム構築やDBチューニングの手間なく手に入れることができるようにSQL Serverのリリース毎に、様々なハードウェアベンダーがSSD およびフラッシュメモリーストレージとSQL Server を組み合わせた「SQL Server SSD Appliance」を発表している。
アライアンス機のメリットは、SQL Server を知り尽くしたベンダーが、その特性にあわせてハードウェアもチューニングした状態で納品されるのでユーザーは、最適化されたデータベース基盤を瞬時に手に入れることができることだ。
そして直ちにデータベーススペシャリスト達は自分のスキルを存分に発揮することができる。
本資料は2017 年10 月上旬にリリースされたSQL Server2017アプライアンスモデルを展開するインサイトテクノロジー、デル、富士通、HPE、NECの5社の担当者が一堂に会し、各社毎のこだわりのポイント、そして製品の魅力や特徴について語った様子をまとめたものです。

その座談会の様子は資料をダウンロードされたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]