ホワイトペーパー

クラウドとオンプレでほぼ100%の互換を実現―移行の手間を大幅削減!DBも使い分けの時代に

日本マイクロソフト株式会社(データプラットフォーム) 2017年12月22日

データの多様性に対応するため、Microsoft Azure には様々なデータプラットフォームが用意されている。
新たに提供を開始する「Azure SQL Database Managed Instance」は、SQL Server とのほぼ100%の互換性を確保し、オンプレミスからの移行時の手間も大幅に軽減している。

また、移行を容易にするためのAzure Database Migration Serviceも提供される。

データ活用の場がクラウドにシフトしていく中で、マイクロソフトはこれらを使った多様なデータプラットフォームの賢い使い分けの提案を行っていく。

本資料では、マイクロソフトのエキスパート達が、データプラットフォームの使い分け方を指南する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]