ホワイトペーパー

リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

ネットスカウトシステムズジャパン株式会社 2017年04月28日

社内ネットワークのトラフィックが、従来に増して多様化している。
本資料は、いま特に重視されている「BYOC(個人用クラウドの業務への持ち込み)」などの課題に対し、どういった仕組みで対処すればいいのか、その指針をまとめている。

個人用クラウドの問題ほか、ネットワーク管理者に突きつけられる課題は多い。
例えば、社内データを不正にコピーする行為や、紛失した端末からの不正なアクセス。
セキュリティに加えて「パフォーマンスの安定」にも、神経質に目を配らなくてはならない。昨今はネットワーク負荷の変動の動向が予測しにくく、変動幅も大きくなってきている。負荷の変動に隠れたサイバー攻撃も検知する必要がある。

資料は、上記のようなネットワークの様々な課題を解決していく、ネットワーク上の「仕掛け」を、多数の例を挙げて解説していくものだ。昨今の「頭の痛い問題」について、解決のヒントが見えてくるはずだ。

詳しくは、ダウンロードでご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)