ホワイトペーパー

Google Cloud のコンテナ化が鍵に、マルチクラウドやサーバーレスを軸とする今後のインフラ

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2022-09-02

技術系企業やスタートアップ企業で、マネージド コンテナ プラットフォームの導入が急速に進んでいる。インフラ維持に費やすエンジニアリング リソースを減らし、成長、競争優位、収益性向上といったビジネス成果をもたらす取り組みに集中するためである。だが実際には、多くの企業はクラウド化していたとしても、Kubernetes 上にアプリケーションを構築していない場合などに、フル活用されていない仮想マシンでワークロードを実行するなど非効率な状態のままとなっている。
この資料では、Google Cloud を用いてインフラ管理を軽減し、自社サービスなどをすばやく市場に投入するための手法を紹介する。特に、マルチクラウドの必要性に着目し、それを容易にする技術としてコンテナやサーバーレス技術、コンテナ移行の効果を最大限引き出す方法など、検討企業が知りたい情報をコンパクトに集めている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]