ホワイトペーパー

進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

NTTテクノクロス株式会社/MIRACL株式会社 2017年08月01日

既にパスワードを用いたユーザー認証は役目を終えました。大手企業によるID/パスワード漏えい事件が紙面をにぎわし、情報管理に伴う企業の負担は年を追うごとに高まっています。

セキュリティが経営課題にまで達した現代に求められているのは、複数のデバイスや手法を用いた多要素認証ですが、導入に伴う煩雑さや背景にある技術的な課題は旧態依然のまま。

そこでご注目頂きたいのが、英MIRACL社が提供する楕円(だえん)曲線に基づいたペアリング暗号化とIDベース署名を用いた、NTTテクノクロス株式会社の次世代オンライン認証「M-Pin」です。

本資料はビジネスシーンで用いられる各種ソリューションで、多要素認証が普及しない背景や理由を詳しく解説し、その課題をつまびらかにしました。

自社ソリューションへ多要素認証の導入を求められている担当者はもちろん、現在のセキュリティ事情に興味をお持ちの方は是非ご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)