ホワイトペーパー

新規開発編:オンプレミスからのクラウド移行 検討すべき7つのポイントとは?

日本オラクル株式会社(Cloud) 2017年12月27日

新規サービスをクラウド上で開発・運用する最大のメリットは、スモールスタートが可能で、サービスの成長に合わせて柔軟なリソースの追加ができることだ。例えば、オンプレミスでのシステム開発では、サーバーやストレージ、ネットワーク機器の調達に要する時間やコストがボトルネックとなり、新規サービスの迅速な立ち上げを妨げることが間々あった。だが、クラウドを利用すれば、それらのリソースを低コストかつ迅速に用意できるようになる。

加えて、開発・本番環境に対してインターネットを経由した場所を問わない柔軟なアクセスが提供されることも、クラウドならではのメリットだ。こうしたクラウドのメリットを最大限に活用すれば、優先度の高い機能から開発し順次リリースしていくことで、利用者への迅速なサービス提供を実現するアジャイル型開発も推進できるようになる。

だが、当然ながらクラウドを活用した新規サービスの開発では、従来型のオンプレミスの開発とは手法が異なる場面が多々存在する。そうした留意点に対する事前確認を怠り、開発に着手してしまったならば、思わぬトラブルを生じさせかねない。本書では、クラウドを利用した新サービスの開発を成功に導くため、事前に検討しておくべき7つのポイントについて解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]