編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

【事例】仮想化環境の刷新で「情シス担当者の負荷軽減」と「社内システム価値向上」の2つを同時に実現

レノボ・ジャパン合同会社 2022-09-12

あらゆる業務領域でデジタルの活用が一大テーマとなっている昨今、企業における情シス部門スタッフの負荷は増大するばかりだ。にも関わらず、IT人材の不足はより深刻化する一方にあるのが現実である。

歯科医院・歯科技工所向けに歯科器材の製造販売を行う「松風」でも、社内システムの定期点検やトラブル発生時の対応、毎年発生するPCの入れ替えなど、社内ITのサポートを情報システム室の2名のみで担当していた。このため、担当者の負担をいかにして軽減するかが大きな課題となっていたのである。

そこで同社ではLenovoの「ThinkAgile HX」を導入することにより仮想化環境を刷新。Windows Autopilot環境の構築により、人的リソースに左右されない機種更新・増設体制を整えることに成功したのである。本資料では、実際に2人の情シス担当者に話を聞きながら、その負荷軽減と社内システムの価値向上の取り組みを追っている。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]