ホワイトペーパー

レジリエンシーが企業価値を高める―某製薬会社がDRサイト構築でAzureを選んだ理由

株式会社インターネットイニシアティブ(Cloud) 2018年01月30日

ある製薬企業では、短期間で基幹システムを立ち上げられる点などを評価し、テノン・システムコンサルティングのSAP&EDIマネージド サービスを活用している。
その基盤として採用されたのが「IIJ GIO」である。
その際、首都圏に置かれたIIJのデータセンターが拠点となったが、災害リスクなどを考えると、単一拠点での運用には不安が残る。そこで同社ではクラウドを活用したDRサイトの採用に舵を切った。
様々なクラウドサービスを比較検討した結果、「Microsoft Azure」にDRサイトを置くことを決定。
その決め手は何だったのか?
この資料では、メインの基幹システムとバックアップシステムの両方をクラウド上で運用する、先進的なマルチクラウド環境の活用事例の紹介を通じてMicrosoft Azureの優位性を説く。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]