ホワイトペーパー

終わりのないセキュリティ対策に終止符を! EDR+MSSが事業運営もたらす価値を2分で理解する

サイバーリーズン・ジャパン 株式会社 2018年09月13日

サイバー攻撃化が高度化、巧妙化したことで、外部からの脅威の侵入を100%防ぐことが難しい時代になった。一方で防御する側は、バッチやOSアップデートなど絶え間なくセキュリティ対策を改善しつづける必要に迫られている。

限られた予算と人材で数多くのセキュリティ製品の運用を行うのはもはや不可能な域に達しつつある。そんななか重要性を増してきたのがEDRやMSSだ。EDRは米ガートナーが提唱した概念で、侵入を前提に、侵入後の攻撃の検知と被害最小化をするためのソリューションだ。また、MSSは、セキュリティ製品のポリシー設定や変更、パッチ当てなどの運用のマネージドサービスだ。

EDRとMSSは、企業にどのようなメリットをもらたすのか。経営層などから数多く寄せられるこうした質問にシンプルに回答したのが本資料だ。アーキテクチャや特徴、メリットを2ページで解説している。2分ほどで理解できるわかりやすいハンドアウトとして活用いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]