編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

運用コストを最大56%減も、ハイブリッドワーク環境を支えるエッジサービスの導入・構築のメリット

日本ヒューレット・パッカード合同会社(ネットワーク) 2022-08-24

従来型のオフィス主体の働き方と、在宅勤務を中心としたテレワークを組み合わせるハイブリッドワークが注目を集めている。社員の働きやすさを重視した環境を提供することで、業務効率や生産性を向上することが期待されている。特に、クラウドや5G、IoT、SD-WAN、AIといった新しい技術を組み合わせることでこれまでにない価値を提供できる可能性が高まっている。ただ、IT運用管理の面からは課題が少なくない。多数のデバイスの管理やネットワーク管理、セキュリティ管理など、これまでよりも負担は増えるうえ、新しい技術や仕組みも管理していかなければならない。そこで重要になってくるのがエッジサービスを管理するプラットフォームだ。
本資料では、インテリジェントなエッジ環境やSD-WANやAIなどの新技術を活用して、運用コストを最大56%削減できる「サービスエッジプラットフォーム」の経済的価値を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]