ホワイトペーパー

仮想化のボトルネックを解消しつつ自動化のメリットを享受できるオールフラッシュアレイとは

Dell EMC 2019年04月16日

オールフラッシュアレイ(AFA)は、HDD構成のアレイで見られたボトルネックを解消し、大幅なパフォーマンス向上をもたらすハードウェアだ。しかし、今日の企業のワークロードは複雑化だ。仮想化によって、より少ないハードウェアで複数のワークロードを統合できるが、その統合によってパフォーマンスが妨げられることもある。これはAFAでも同様に起こりうる問題だ。

また、近年は、データセンターに自動化やセルフサービスの仕組みを取り入れ、ITトランスフォーメーションを行うためのモダナイズも求められるようになった。単に速いAFAだけでは不十分であり、効率の良いサービス管理やデータ保護の仕組みを整備する必要がでてきた。

では、仮想化のボトルネックを解消しつつ、自動化とセルフサービス化のメリットを享受できるAFAの要件とはなんだろうか。本資料は、ESGラボが「Dell EMC XtremIO X2」に対して行ったレビューをまとめたホワイトペーパーだ。パフォーマンス、保護と可用性について、同製品がどのようにしてITトランスフォーメーションを実現しうるかを検証している。
製品レビューにとどまらず、AFAを使ってどうビジネス価値を生み出すかのヒントにもなる資料だ。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]