編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

IoTのもつ可能性を最大化するために理解しておくべき「たった一つのこと」

SAS Institute Japan株式会社 2018-10-15

さまざまなデバイスを接続する仕組みは「モノのインターネット (IoT: Internet of Things)」と呼ばれ、デバイスに備わったセ ンサーは多くの新たなデータを生成しています。
このデータは、 新たなサービスの提供、効率性の向上、そして場合によっては、より競争力のあるビジネスモデルの実現を可能にします。
ビジネスに大きな影響をもたらす可能性があるIoT。その中に、ひとつだけ確かなことがあります。IoTにより接続されたデバイスが、 われわれとコンピュータがやり取りする方法を劇的に変化させるということです。
第一に、コンピュータ、コンピュータ・デバイ ス、およびアプリケーションは、物理世界と仮想世界が常につな がっている環境でわれわれを取り囲むことになります。今日の10億ノードのインターネット・ネットワークに代わり、近未来のインターネットは何兆ものデバイス、人、組織、場所によって活用されるようになるでしょう。一方、数兆ノードのネットワークは、 設計上の課題ももたらします。膨大な情報を処理し、役立つイベントを識別する方法を見つけ出すことは、 IoTの世界で成功するために必要な要素になります。
本資料では、IoTのもつ可能性を最大化するために理解しておくべきデータ・ストリームについて説明いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]