ホワイトペーパー

99%を防げても1%の侵入が命取り! パイオニア3社の「次世代エンドポイント防御」で守れ!

ネットワールド(セキュリティ) 2018年10月11日

サイバー攻撃の手法は多種多様な形で高度化しており、従来の防御手法では対応できないケースも増えている。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの2016年のレポートによると、企業を狙った未知のマルウェアは前年比9倍で増加、従業員による新種マルウェアのダウンロードは4秒に1回発生している。企業を標的とした未知のマルウェアのダウンロード件数は、前年の1時間あたり106件から970件あまりへと大幅に増加した。

カーボンブラックによれば2016年に起きたサイバー攻撃の中にマルウェア等が占める割合は47%で、残りの53%の攻撃はPowershellやOffice Macro等の正規ツールを悪用して実行されたものだ (Verizonの2016年調査)。約半数は「非マルウェア攻撃」や「ファイルレス攻撃」と呼ばれる検知や防御が困難な攻撃だ。

こうしたなかどう脅威に対抗していけばいいのか。本資料は、セキュリティのパイオニアベンダー3社が提唱する「次世代のエンドポイント防御」を詳細に解説した資料だ。99%の攻撃を防げても1%の侵入が命取りになる時代だ。パイオニア3社のソリューションを参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]