編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

エンジニアの力量がベンダーロックインを防ぐ!トータルなファシリティ知識をもつ人材育成が待たれるワケ

株式会社DC ASIA 2019-03-20

パブリッククラウドや外部ベンダーの活用を通じ、企業のITインフラ運用管理も分業化が進む現代。この流れの中で、機器の調達やケーブリング・レイアウト・熱対策などの設備構築やその運用管理を外部ベンダーに丸投げ委託することは、担当者の負荷軽減のメリットをもたらす反面、社内の知見を失うデメリットにも繋がる。いま、企業はベンダーロックインというリスクに直面しているという事を再認識する必要がある。

外部ベンダーをいかにバランスよく活用するか。その判断・裁量は、IT担当者の力量にかかっている。そこで活用したいのが、データセンターやサーバールームの運用管理研修や人材教育プログラムだ。

本資料は、社内に知見を育て、ベンダーロックインのリスクを最小化する鍵となる研修プログラムの重要性を説いたホワイトペーパーだ。ベンダー依存からベンダー活用への視点を変えるヒントを得ることもできる。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]