ホワイトペーパー

RACの後継ソリューションとは? 利用前に確認しておきたいOracle SEHAの課題と解決策

サイオステクノロジー株式会社 2022-10-05

Oracle Database 19cからStandard Edition(SE) 2でRAC(Real Application Clusters)の利用ができなくなり、その後継ソリューションとしてOracle Standard Edition High Availability(SEHA)の提供が開始された。Oracle SEHAにはどのような特徴があり、利用する際にはどのようなことに注意しなければならないのか。
本資料では、RACからOracle SEHAへの切り替えを検討している方や、Oracle SEHAを検討したが、環境や構成、バージョンなどの要件に合わず代替ソリューションを探している方などに向けて、Oracle SEHAの概要や導入・運用面の6つの課題、そしてその課題を解決するものとして、代替手段を紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]