ホワイトペーパー

自動車業界は直面する5つの最重要課題にどう対処すべきなのか?

インフォアジャパン株式会社 2019年05月13日

米国が仕掛ける関税引き上げ措置は、世界経済全体の先行きに暗い影を落としつつある。とくに部品の点数も多様で関連産業のすそ野が広い自動車業界への影響は計り知れない。 本資料は、今日の自動車業界が直面する5つの最重要課題について整理し、それに対処する方法について考察したものだ。

同業界が直面する課題は、関税引き上げ措置などの「貿易戦争」だけにとどまらない。サブスクリプション形式による販売、ライドシェアリングサービスの台頭など、「購買側、利用する側の変化」やバッテリー電気自動車(BEV)やプラグインハイブリッド車(PHE V)などの「新しい技術の浸透」、恒常的に不足する「人材」の問題などさまざまだ。つまり直面する課題とは、環境の変化にどう対応し事業を発展させるかということになる。

本資料では、自動車業界にはかなりの数の「What if」と不確かなシナリオが存在するとし、課題や市場の傾向を見据えて、次にどんな事態が起こっても対応できるように準備しておくことが重要だと指摘する。そしてその具体策として、インフォアの自動車業界向けクラウドサービスを高級車メーカー「フェラーリ」の事例を交えて紹介している。これらのサービスは、調達、購買、生産にとどまらず品質管理、グローバルな会計管理にまで対応するものだ。

本資料は、自動車業界に的を絞って解説しているが、その他の製造業企業の担当者にも豊富な示唆を与えてくれる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]