編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

数千台規模の物理サーバーの運用管理負担を劇的に軽減、クララオンラインの仮想化基盤移行が成功した理由

ネットワールド(HCI) 2021-06-25

20年以上にわたり培ってきたインターネットインフラサービスの経験をいかしたICTインフラ事業を展開するクララオンライン。同社では、長年手掛けてきホスティング事業によって、顧客向け物理サーバーの数が数千台規模に拡大。その保守運用にも多くの工数とコストがかかっていた。

そうした課題を解決するため、仮想環境への移行を検討したものの、大規模な仮想化基盤の構築・運用に精通した技術者の確保が求められていた。

そこで同社は、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)に着目。段階的にHCI基盤への移行を進めた結果、物理サーバーのラック数を大幅に削減して高い収納率となり、圧縮・重複排除技術によりディスク容量を従来比1/2に削減できた。また、大規模基幹システム向けの新しいインフラサービスを提供することを可能にした。同社の仮想化基盤移行の詳細をみていこう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]