ホワイトペーパー

COBOLは「古い」のか? 令和の時代にCOBOLの“いま”を語る

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Z / LinuxONE) 2019-11-19

レガシーシステムがデジタルトランスフォーメーション(DX)の妨げになるという「2025年の崖」が話題になることが多い。誕生から60年を迎えたプログラミング言語COBOLに対しても、その象徴の1つだと指摘する声も聞こえてくる。だが、金融機関などで新たに構築された最近のシステムでもCOBOLは採用されている。この状況をどう理解すればいいのだろうか。

本資料は、最前線でCOBOLに触れている2人のエンジニアに話を聞き、COBOLの実像に迫ったインタビュー記事だ。CI/CDやDevOpsといったアジャイル開発への対応や、AWS Lambda上での展開など、"令和時代"にもCOBOLが開発の最前線にいることを現場担当者の目線で明らかにしている。COBOLの"いま"を理解できる資料だ。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]