編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには

東京エレクトロンデバイス株式会社(Veeam) 2019-08-08

企業内で扱うデータは爆発的な勢いで増加している。また、それらのデータの中には内部統制や監査などコンプライアンスの観点から長期保存が求められるものも多い。こうした膨大なデータをどう保護すべきか。そこで注目されているのが、自動階層化+クラウドオフロードだ。

利用頻度の低いデータを自動的にシステムが探し出し、それをクラウド上のオブジェクトストレージに継続的に保存する。オブジェクトストレージは一般に提供コストが安く、長期保存に向いているため、テープドライブの代わりとして利用するケースが増えている。監査の際にすぐにデータを提出できることもメリットだ。

本資料は、そうした自動階層化+クラウドオフロードを実現するソリューションを紹介したものだ。Microsoft AzureとVeeam Softwareを連携させ、信頼性の高い仕組みをコスト効果の高いかたちで実現している。ぜひ資料をご一読いただき、注目サービス/ソフトウェア同士の組み合わせの妙を感じとっていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]