ホワイトペーパー

Microsoft 365のデータ管理の落とし穴、忘れてはならない「ユーザー責任」とは?

東京エレクトロンデバイス株式会社(Veeam) 2021-12-01

文書作成やグループウェアなどの豊富な機能をクラウドサービスとして提供する「Microsoft 365」。世界中の企業が日常的に利用する利便性の高いサービスだが、ここで扱うすべてのデータは利用者が自己責任で管理・保護する必要がある。同サービスの提供基盤はマイクロソフトが運営し、その基盤にはデータを保存するストレージサービスも含まれている。そのため、「Microsoft 365データはマイクロソフトが責任をもって管理・保護している」と考えてしまいがちだ。しかし、その認識は正しくはない。このような思い違いは、マイクロソフトの責任とユーザーの責任との差異が十分に理解されていないことが原因だ。
以下の資料では、Microsoft 365のバックアップが必要な理由を解説し、Microsoft 365の利用者自身がデータを適切にバックアップして管理・保護できる具体的な対応策を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]