編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ホワイトペーパー

なぜ今セキュアSD-WANが有効なのか!?クラウドへのシフトで変わりゆくネットワーク要件から読み解く

Fortinet セキュアSD-WAN(株式会社日立ソリューションズ) 2019-09-10

2019年5月に総務省より公表された、「平成30年通信利用動向調査」では、クラウドサービスの利用企業が約6割にまで上昇しました。利用は、各クラウドベンダーが提供するPaaSやメールなどのオフィスでよく使われるクラウドサービスが中心となっています。

これまで社内にあったこれら業務システムがクラウドサービスに移行すると、データセンターと各拠点間でクローズしていた通信がインターネット向けのトラフィックに変化します。そこで課題になるのが、インターネット回線や閉域網の帯域不足によるパフォーマンス低下や、トラフィック量やセッション数が増加することによるネットワーク機器の負荷上昇です。

本資料はそうした課題に直面した場合の対策としてFortinet セキュアSD-WANがどう役立つのかを紹介したものです。「インターネットブレイクアウト」「クラウドサービス単位の経路選択」「WANリンク冗長による負荷分散」の3つのソリューションが解説されています。

クラウド利用によるネットワーク課題を解消するうえで、Fortinet セキュアSD-WANは有効な選択肢となっています。ぜひ参考にしてみてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]