編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

【事例】クラウドHPCで5倍以上の高速化!デンソーテクノにみる次世代シミュレーション環境

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud) 2019-11-29

以前は主に研究機関で用いられていたシミュレーション技術だが、現在その活用範囲は大幅に拡大している。製造業の設計フェーズにおいても、バーチャル環境で3Dモデルなどを動かして問題点を洗い出すことで、早い段階で設計品質を高め手戻りを減らせることなどから、シミュレーションの役割は大きくなりつつある。

シミュレーションの活用においてとくに計算量が膨大な場合は、高性能なコンピューターシステムHPC(High Performance Computing)が必須となる。自動車関連の設計を手掛けるデンソーテクノもまた、HPCのヘビーユーザーだが、さらに同社では、HPCの環境をオンプレミスからクラウドへと切り替えている。このような動きは、様々な産業分野で広がりつつあるのだ。

本資料では、デンソーテクノが2019年4月から稼働しているOracleCloudのHPCソリューションをベースにした新しいシミュレーション環境へと移行するまでの経緯と、オンプレミスと比較して5倍以上の高速化をはじめとしたさまざまな効果について、担当者の生の声と合わせて紹介している。まずは一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]