編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

94%が「便利」と回答、脱ハンコ文化へ電子契約や電子署名サービスが持つ大きな潜在ニーズ

ドキュサイン・ジャパン株式会社 2021-11-17

紙文化やハンコ文化が残る日本の企業では、現在でも紙による契約が根強く残っている。だが、多くの企業で契約書や稟議書、請求書など紙の文書の作成や署名捺印、管理・保管に課題を抱えているのも事実。コロナ禍でテレワークが普及し、紙やハンコを必要とする業務が生産性に悪影響を及ぼしている。解決策として期待されているのが、電子契約や電子署名サービスである。今回、電子契約および電子署名ソリューション大手のドキュサイン・ジャパンが国内市場を調査した結果、実に利用者の94%が「便利だ」と回答していることがわかった。DXを推進し、ペーパーレス化や業務効率化などに効果をもたらし、組織のあり方や働き方を変革するサービスとして期待されている。この資料では、紙の契約のデメリット、ビジネス面での電子契約や電子署名サービスを利用することによる効果について、調査結果に沿って詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]