ホワイトペーパー

事業成長とともに増加する契約トラブルをどう回避するか、契約ライフサイクル管理(CLM)のポイント

ドキュサイン・ジャパン株式会社 2024-05-16

事業が成長すると、契約プロセス管理に関するトラブルや悩みが増える。法務担当が少人数であれば、すべての契約に直接に関わることや契約書のすべての文言を確認することは容易ではない。契約プロセスに問題が発生することで、結果として販売プロセスに遅れが生じたり、従業員や顧客にフラストレーションがたまったりすることになる。そこで重要になるのが、契約ライフサイクル管理(CLM)だ。CLMは、契約書の作成から交渉、署名捺印、保管、検索・分析・更新までのすべてを体系的かつ効率的に管理する取り組みだ。CLMを導入することで業務の効率化やリスク低減、生産性向上などさまざまなメリットが得られる。
本資料ではCLMの定義と、一般的なユースケース、CLMが自社に適しているかどうかを見極めるためのポイント、質の高いソリューションを選択するためのヒントを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]