編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

テレワーク時代が生み出した新たな組織の問題、どうすれば「不活性人材」の発生を防げるか?

株式会社SmartHR 2021-10-06

昨今のテレワークの普及は、従業員の働き方に変化を与えるだけではなく、その行動や意識にも影響を及ぼしている。テレワークによって、多くの組織で「不活性人材」が発生しているのだ。

不活性人材とは、もともとはモチベーション高く仕事に向き合い成果を出していたのに、いつの間にかパフォーマンス(生産性)が低下し、やる気がなくなってしまった人材を指す言葉。一見、個人の問題のようにも見えるが、決して、本人の意志だけが影響して不活性人材になっているわけではない。周囲のモチベーション低下にもつながる「組織の課題」だ。

日々顔を合わせていたオフィスワークでは、表情や声色、行動、態度から気づけた変化がテレワークでは気づきにくい。組織の管理者はどう従業員の不活性化を防げばいいのか。以下の資料では、不活性人材を生み出さないための取り組み、その改善に向けた考え方のヒントを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]