編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

なぜ、従業員は突然退職するのか? 予兆をいち早く把握できる組織課題の見える化術

株式会社SmartHR 2022-07-15

従業員の「離職」と聞くと、心穏やかではなくなる担当者もいるかもしれない。本人のキャリアを考えたポジティブな離職もあるが、会社や働く環境への不満、人間関係の悪化といったネガティブな要因で離職となるケースは、従業員と会社の双方にとって望ましくないことだ。問題が起きていることに気付かないまま、突然の離職が発生する場合もある。

しかし、従業員が離職を考え出すときには、何かしらの「予兆」が存在する。それを正しく捉え、課題を対処することが、企業や人事担当者に求められる。ただ、「予兆」に気付くことはそう簡単にできることではなく、特にテレワーク制度を推進する企業など、普段から顔をあわせる機会が少ない組織では、従業員の状況を物理的に捉えることは困難だ。

以下の資料では、把握すべき離職の予兆がどういったものかを整理し、その原因をいち早く察知して取り除くためにできる1つの方策を解説する。組織課題の可視化に役立つだろう。ぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]