編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

4月から全企業が対象の「パワハラ防止法」、法務担当者が解説する従業員サーベイの重要性

株式会社SmartHR 2022-07-15

2020年6月1日に施行された「パワハラ防止法」で、企業に対してパワハラ対策のための相談窓口設置が義務化された。2022年4月1日には、中小企業も大企業と同様に義務化されている。法律が改正される中で、自社のハラスメントに関する状況を早期に把握する重要性が高まっている。従業員からハラスメントに係る相談の申し出があった場合、企業は事実関係を迅速かつ正確に確認することが義務付けられていること、各種ハラスメントについて適切に対応しない場合、従業員に対する安全配慮義務違反となる可能性があることが理由だ。解決策として注目されているのが、従業員への定期的な聞き取り調査を実施する「従業員サーベイ」の活用である。この資料では、ハラスメント調査を行う際の注意点について、法務担当者がハラスメント調査における5つのポイントを指摘した上で、従業員サーベイによる課題の解決方法を伝える。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]