編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

機械学習とクラウドが導く、新時代を迎えたデータウェアハウスが企業にもたらす3つのメリット

Snowflake 株式会社 2021-07-13

ビジネスがデータドリブンの性格を強めるのに伴い、データウェアハウス(DWH)の重要性が高まる。意思決定のためのデータの保存、処理、活用、管理に役立っている。目標は、企業がデータから価値を引き出すのに要する時間を短縮することだ。だがデータの爆発的増加やDWHの複雑化でそれが困難になっている。一方で、自動クエリの最適化を一例に、最近は機械学習アルゴリズムにより処理の高度化が実現し始めており、それがスピード加速を促す。機械学習が進歩し、クラウドによりほぼ無限のストレージとコンピューティングパワーをクラウドで利用できるようになったことで、自己適応型データウェアハウスという新時代を迎えた。この資料ではSnowflakeが提供する自己適応型データウェアハウスのメリットを3つに分けて解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]