編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

ネットワークセキュリティの理想形「SASE」とは? 失敗しない導入のための実践ガイド

クラウドフレア・ジャパン株式会社 2021-02-09

企業のクラウド基盤とSaaSの活用が広く浸透したことで、社外からモバイル端末でのリモートアクセスが可能になるなど従業員の柔軟な働き方の実現につながった。しかし、新たなセキュリティ上の課題を招く要因にもなっている。

マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境を基盤とする企業システムのセキュリティを確保するため、新たなネットワークセキュリティへの移行が求められている。そこで注目されているのが、2019年にGartnerが定義した「セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)」という考え方だ。

SASEという言葉は、急激にITと企業のセキュリティ分野に浸透し、対応製品をうたうベンダーも多く登場した。しかし実際には、SASEを利用したネットワークセキュリティの向上は簡単に実現できるとは限らないという。その理由とは? 以下の資料では、SASE誕生までのネットワークセキュリティの進化、SASEの概要や提供機能、導入に向けた実践的な手順を詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]