編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

セキュリティ対応が遅れがち! 社内IT資産に潜む脆弱性から組織を守る秘訣とは?

エイチ・シー・ネットワークス株式会社 2020-04-16

巧妙・複雑化するサイバー攻撃に備えるために、多層的なセキュリティ対策を講じる企業が増えている。しかし、防御性の高い環境を構築していても、見逃しがちになり弱点が残っているケースは多い。それが社内IT資産の脆弱性だ。

というのも、脆弱性の管理にはさまざまなハードルがあるからだ。その1つが脆弱性の数の多さだ。脆弱性の識別子である「CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)」には、2019年時点で約10万8000件もの脆弱性が登録されている。これらを限られたリソースで管理していくことは困難を極める。

本資料は、なぜ脆弱性の管理がハードルになりやすいのかを整理しながら、具体的な解決策を提示したホワイトペーパーだ。ソリューションとして、エイチ・シー・ネットワークスの「VI-Engine」を取り上げ、特徴と効果を紹介している。

社内IT資産に潜む脆弱性から組織を守る秘訣を知ることができ、セキュリティ対策が遅れがちな脆弱性管理のヒントになる資料だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]