編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

インテリジェンスを活用した脆弱性対策の効率化、「エクスプロイト」開発傾向から分かる最新の脅威動向

レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社 2021-01-28

セキュリティ事故を引き起こす脅威アクター(攻撃主体)の多くは、エクスプロイト(脆弱性を突く攻撃)を悪用し、容易に組織に侵入する。その場合、高度な技術を駆使する必要はなく、攻撃対象者と対話する手間すらない。だが、エクスプロイトを悪用する場合、脅威アクターは、 まずエクスプロイトに求めるニーズを明確にし、そのニーズを満たすエクスプロイトを探し、PoC(概念実証)の一環としてエクスプロイトを武器化する必要がある。そのため、このプロセスが実際にどのように進められるかを解析することで、有効な脆弱性対策の手立てにもなる。

本資料では、「エクスプロイト」開発傾向から最新の脅威動向を分析し、有効なセキュリティ対策のあり方を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]