編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ホワイトペーパー

拡大する国家支援型サイバー攻撃、バチカンと香港カトリック組織の被害の裏に中国の影

レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社 2021-01-28

2020年5月初旬から、バチカンと香港のカトリック教区を含む複数のカトリック教会関連組織が、中国の国家支援型脅威アクティビティグループの標的となった。この一連のネットワーク侵入は、Hong Kong Study Mission to Chinaとイタリアのミラノ外国宣教会(PIME)も標的としていた。2020年9月に中国とバチカンの間で行われた歴史的な暫定合意が更新されることに先立って発生したこの攻撃からは、カトリック教区とバチカンの関係性を知り、バチカンが香港の民主化運動に対してどのような姿勢を取っているのかを監視する狙いを読み取ることができる。

本資料では、アクティビティグループがどのように攻撃を実施したのかを詳細に解説し、国家支援型サイバー攻撃の現実的な脅威を明らかにしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]