編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

【事例】いかにしてCTCは、1万5000人規模のITインフラ基盤の運用効率化に成功したのか?

ニュータニックス・ジャパン合同会社/富士通株式会社 2020-09-15

ITとビジネスがますます一体化していく中にあって、多くの企業が直面している課題が、あらゆる業務を支えているITインフラの肥大化である。拡張を重ねてきたサーバやストレージの台数は膨大になり、メモリやファン、ハードディスクなど消耗品の交換だけでも多大な手間を要してしまう。そのため、情報システム部門は日々のITインフラの構築や保守管理の手間に追われ、ITによる新たな価値の創出という本来の使命を果たすことが難しくなってしまうのである。

国内有数のICTサービス企業である伊藤忠テクノソリューションズの情報システム部門でも、かつて同様の悩みを抱えていた。しかし同社では、シンプルかつ効率的なIT インフラが構築可能なNutanixのハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)ソフトウェアと、高い信頼性を誇り、一括してハードウェア・ソフトウェアのサポートを提供する
富士通PRIMERGYとの組み合わせにより、1万5000人規模の大規模インフラ基盤の運用を大幅に効率化することに成功したのである。

本資料では、同社がかつて抱えていた課題を解決し、理想的なITインフラを手に入れるまでの経緯が、担当者の言葉とともに解説されている。クラウドとのハイブリッド運用も視野に入れたその取り組みから学べることは多いはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]