編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

自宅で3D CADを使える時代へ!HPのハイエンド端末とネットワークサービスが実現する新しい働き方

株式会社大塚商会/日本HP 2020-07-29

新型コロナウイルス感染症により、日本でもテレワークの導入が加速した。3D CADは膨大なデータ量やPCのスペック不足により、テレワークが難しい領域だが解決策はある。会社内のワークステーションと自宅をVPNで結び、自宅で3D CADを利用するHPのZワークステーションユーザー向けサービス「ZCentral Remote Boost」である。会社のワークステーションにアクセスし、ユーザー環境に沿った動的な解像度マッチング、規定の処理能力を満たすハードウェアアクセラレーションなど必要な機能を網羅する。同時に、手元の端末も不可欠だ。3D CAD、ウェブ会議などの利用要件を満たす端末として、日本HPは「HP Elite Dragonfly」を展開する。この資料では、在宅勤務におけるCAD作業環境がイメージできる。ぜひ、ご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]