編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

「VMware Cloud on AWS」導入で陥りがちなバックアップの課題とは

TIS株式会社(VMware) 2020-09-15

クラウドシフトが加速する中で、注目されているのが「VMware Cloud on AWS」だ。VMware vSphereをベースにしているため、クラウド化しても、従来のシステムとの親和性が高く移行も容易で、アーキテクチャと運用の連続性を維持できる点が、メリットとして広く認識されている。

しかし、VMware Cloud on AWSには、ユーザーが作った仮想マシンのバックアップは含まれていないため、別途バックアップソリューションの検討が必要だ。採用するバックアップによっては、別途AWSと契約が必要になったり、バックアップサーバーのライセンスも考慮したりする必要もある。また、バックアップソリューションの多くが大規模ユーザー向けとなっているため、運用リソースが確保しにくい中堅規模の企業にとっては活用しづらい。

課題を解決するソリューションとして本資料では、「Druva Phoenix」と「VMware Cloud on AWS導入・運用支援サービス」を紹介している。Druva Phoenixは、パブリッククラウドを活用し、物理サーバーと仮想サーバーのクラウドバックアップを行うサービスである。ハードウェアやソフトウェア更新などインフラの保守作業は不要で、なおかつ従量課金制を採用しているため、初期費用と運用管理コストを抑えられ、TCOも大幅に削減できる。

さらにTISでは、導入から運用まで総合的にサポートする支援サービスを提供しているため、環境設計・構築をはじめ、アセスメントから導入・運用まで、情シスの負担軽減に向けた支援が行える。

VMware Cloud on AWSの導入を検討している方は、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]